06:フライヤーを作ろう!

宣伝をするチラシの事をフライヤーといいます。パーティが始まる前にフライングして
配るからだと思います。とにかくインパクト大で、わかりやすいものにしましょう。
もちろん自分の名前は一番上にもってきましょう。

日時だけだと説明不足なので、裏面にはDJの紹介文も載せます。
外タレと一緒のパーティに出た経験があれば、
前座でも何でもいいのでとにかく「競演」と書きましょう。

以下に文章の悪い例、良い例を載せます。
また、デザインの悪い例、良い例も載せます。


■悪いDJ紹介文

DJは100回やった。○○をテーマにしたBPM100〜200の
こだわらなさすぎなプレイが得意。
趣味は飲み会、温泉やお寺巡礼!! 好きな飲み物はビール。
最近では漫画「クラブDJ○○○○」の原作なども行う。
こんどのDJ、一生懸命がんばります!


-------------------------------------------------
●何をしてきたのか、何をしたいのか全然わかりません。0点です。


■良いDJ紹介文

○○○○○○○○主宰。
○○年頃よりDJ活動を開始。
現在までに、青山○○/芝浦○○/渋谷○○/麻布十番○○/
代官山○○/六本木○○等、様々なクラブでPlay。

その芸術性豊かで幅広い音楽性とオリジナリティ溢れるプレイ・スタイルは他に類がない。
○○が来日した際○○として褒め称えたエピソードはあまりにも有名。

また、○○○○(○○○○ Records)、○○○○(○○○ trax)、
○○○○○○等、国内外を問わず多数のDJ/アーティストと共演。
自身がオーガナイズするパーティー「○○○○」では、
イギリスより「○○○○」のヒットで有名な○○、
アメリカより○○○○○○、ドイツより○○○○招致、共演。
また最近ではトラック製作も開始し、自身で立ち上げたレーベル○○○○より、
近日1stシングルをリリース予定。
○○とのユニット○○○○も好調。
○○でも度々紹介され、期待を集めている。

今後最も活躍が期待されるアーティストである。


-------------------------------------------------
●何をしてきたか、どんな人達と競演したのかがわかりやすく書かれており、
凄い感じが伺えます。100点!

■悪いフライヤーデザイン

←クリックで拡大

●パーティ名しか書いてありません。
何のパーティか、どこでやるのか、そもそもなんなのか
パッと見て何もかもわかりません。
こんなの手に取る人がいるはずがありません。
しかも字が間違っています。
「spiritual的なsoundで僕達は踊りたい。大地に戻り、crossoverにinfomationしよう」
と意味不明なテーマが突然書いてあるのも輪をかけて良くありません。


■良いフライヤーデザイン

←クリックで拡大

●ゲストDJが超ビッグに書いてあり、ジャンルも「テクノ!ビックビート!」
と書いてあり超わかりやすいです。
水着ギャルの写真なども人目を引くのに効果的です。
素材が無い場合は適当な雑誌、CDジャケットなどから切り抜いて来るといいでしょう。
もしくはネットで拾ったりとか。
(編注:肖像権違反になります)

とにかく、わかりやすく、でっかく。それが一番!


07:宣伝しよう!


完成したフライヤーを、下っ端のスタッフを使って配ります。
何も考える必要はありません。レコード屋、服屋、クラブ、美容室、
店は選ばずにとにかくたくさん作ってたくさん配りましょう。質より量です。
資本主義では多いことが正義なのです。

用件のみのコピペでの携帯メール告知(楽ちんです)、
インターネット掲示板での無差別な告知(何も考えなくていいです)、
2chでほかのパーティを叩いたり、mixiで告知日記を書きまくりましょう。
「マイミク=客」と徹底して考えましょう。


また「顔出し」と言われる、他のパーティへ遊びに行く行為も忘れてはいけません。
ここでフライヤーを配ったりオーガナイザーやDJ、スタッフに挨拶する事により「顔」が売れます。

顔が売れていないと「新参者」として「ナメられる」からです。
うさん臭い魑魅魍魎が跋扈するクラブ業界ではナメられたら終わりです。
また、たまには顔を出さないと「あいつ人のパーティに全然来やがらねえ」と思われ、
自分のパーティの集客も、DJとして他のパーティに呼ばれる回数も、
面白いように減っていくでしょう。

行きたくないつまんないパーティでも、
常日頃こまめに顔を出すようにしましょう。

まぁキャラが薄い僕とかは基本的にナメられやすいんですけどね・・・
ばかにしやがってヒック!


08:そのほかにやること!

タイムテーブル(DJの時間割)の決定、当日の入り時間調節、
ハコの機材確認などは基本的にオーガナイザーの仕事です。
が、ここらへんは黙っていれば焦ったほかのスタッフがなんとかしてくれるので、
多分大丈夫でしょう。余裕をかましていられたもん勝ちです。
自分のDJ時間を盛り上がる時間(午前2時ぐらい)にする所だけ
意識しましょう。

ライブの出演がある場合、機材リストはこのような感じで提出すれば
問題ないと思います。

page:2/4
←前へ 次へ→